PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋になりましたね・・・

すれ違うように・・秋が来ましたね・・・
忘れ物は、ありませんか?置いて来たものも・・あるかもね。
心の中の・・電信柱が、少し・・鈍くなって・・秋が、浮かび上がっているの・・・
そっと、目覚めようと思うの。

秋の真っ只中、ライブがあります。
アルバムの、旅立ちを控えて・・・
どこか、透き通る、歌が唄いたい・・そんな気持ち。

                       ケイ

| ノンジャンル | 12:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

透き通る歌

ケイさんのファーストアルバム「ものがたり」を聴いたとき、どの曲も透き通るような高音とファルセットに何度もテープをリピートしてずっと聴いておりました。
「パンドラのはこ」以降のケイさんの歌声には、ファルセットとは異なるけれど、心をしびれさせるようなパワーがあります。
別の歌手だと誰かなあ・・・
私は岡林信康の演歌以降の歌で「ジェームスディーンになれなかったけれど」が好きです。才能ある歌手が若くして死んだけれども自分は決してもう若くはない年代で生きているが、自分の娘や息子たちを見ると・・・・という歌詞ですね。ジェームスディーンと尾崎豊を重ねています。
岡林を足寄公民館の隙間からのぞいてフォークをめざすようになった松山千春の歌も「透き通る歌」です、私にとって。
ケイさんのコンサートには、若い頃のようにしょっちゅうは行けなくなりましたけれど、やはりケイさんのことは「忘れられない歌」です。

おっと、おしゃべりが長すぎました。またのおじゃまのときに続きを・・・・・・(^^;)

| 雪の夜 | 2009/09/09 20:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keiblackstone.blog26.fc2.com/tb.php/22-c856f4cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。